お菓子作り

乳酸菌豊富なチーズとお腹を壊す事に関して

牛乳には乳糖というものが多く含まれていますのでこの成分によってお腹がゴロゴロするという仕組みになっています。
良く牛乳を飲んでお腹を壊すタイプの人は、この乳糖が原因なのですがお腹を壊すというのは、冷えすぎた牛乳も関係しているかもしれないですね。
そして牛乳を濃縮させて固めてチーズが出来るのですがこの時に成分の乳糖が抜けてなくなりますので、簡単に言うとお腹を壊す事はありません。

しかしチーズの食べ過ぎによってお腹を壊す人も中にはやっぱりいるようですので、食べ過ぎは気をつけるようにしましょう。
何にしてもそうなのですが食べ過ぎはやはりよくないようで過剰摂取はお腹を壊してしまう原因となるようです。
しかしチーズ自体には牛乳のような乳糖はありませんから多少食べてもお腹を壊す事は無いようです。

そしてチーズには栄養成分がとても豊富に入っておりカルシウムもしっかり入っていますからプロセス3、4個で必要成分を取ることが出来るのです。
ですからおやつやおつまみなどで、たくさん食べるようにしたいものですね。
このようにチーズにはお腹を壊す要素というものがありませんので必要以上に摂らないように気を付けて食べるようにしましょう。

このページの先頭へ