お菓子作り

給食の固形チーズは栄養素が高い

牛乳はカルシウムが多く力強い骨を作っていくのにとても役に立つのですが、同じように固形のチーズもカルシウム含有量の高い食材でした。
またタンパク質やカルシウム豊富で一つ食べるだけで必要な栄養素のたくさん詰まっている食品として給食には入っていたと思われます。
特に小学生の時は身体が出来てくる成長期でありますから給食にはバランスの取れたもので無ければならないのです。

またチーズは給食の牛乳が苦手な子も美味しく食べられて 必要な栄養素とカルシウムがしっかり摂取することが出来るのです。
このことからも給食のこのバランスはしっかり考えられていると言えるでしょう。
子供の成長期というものは、この時期にしっかり必要な栄養分を摂らなければ背が伸びなかったりなどと言われていてカルシウムは特に必要とされていたようです。

学校給食のバランスというのは計算されたものが普通でした。
ですから固形のチーズが出る理由としては、小学生の身体の成長期の為にカルシウムからその他の栄養素までしっかりと取れるように工夫されていたのではないでしょうか。
このように子供の頃からしっかりとカルシウムを取る習慣を付けていくのはとても大切なことなのです。

このページの先頭へ