お菓子作り

チーズは太る食品とされている理由

チーズはタイプによってカロリーがだいぶ変わってきますから例えばカロリーの多いカマンベールやクリームタイプは脂肪分も多めの傾向になります。
これらのカロリーが多めのチーズは、大量に食べた場合はそれはやはり太るかもしれませんね。
しかし人間には新陳代謝が活発な人と、そうでない人があるように脂肪の燃焼全く異なるものです。

例えば脂肪が燃えやすいタイプという人は、何をどれだけ食べても太ることはありません。これは人によってはいくら食べても太らないという人も居るのも事実ですね。
これはよく言われる体質のことで太りやすい体質と痩せやすいなどそうでない体質があります。
ですから太りにくい体質の人はチーズをいくら食べても太らない傾向にあるようです。

例えば高カロリーなチーズ食品と言えばピザなのですがこのビザにオリーブオイルをかけて食べると美味しいですよね。
さらに魚介類をたっぷり加えると、ものすごい高カロリーになりますがこれでも太らない人がいるのは事実です。
また新陳代謝がそれほど活発でなく太りやすいという人はカロリーの低いモッツアレラチーズなどがお勧めです。
このようにカロリーの低いものを選んで食べるようにすれば太ってしまうという事は防げるようですね。

このページの先頭へ