お菓子作り

発酵させるチーズと発酵させないチーズ

発酵させるタイプはナチュラルと呼ばれて、発酵させないタイプはフレッシュと呼ばれ、ナチュラルよりも長持ちはしないのが特徴です。
ですから発酵させないタイプのフレッシュチーズは早く食べて消費させなければなりません。
まず発酵させる方のナチュラルタイプには、生成過程で新鮮な乳酸菌が凝縮されて作られているのが特徴です。

この結果として熟成されて時間が経っても美味しく食べられるのがナチュラルタイプの良いところで味も美味しくなるのです。
熟成させないフレッシュタイプは、形状を見ても分かるように水分が非常に多いのが特徴なので比較的滑らかなタイプが多いです。
そしてチーズの中でも比較的癖が無いため、料理やお菓子などによく使われる傾向がありますし、もちろんそのままでもすごく美味しいです。

しかし、ナチュラルタイプよりは長持ちはしないのがこのタイプの特徴ですから早めに食べきるようにしたいものです。
このタイプにはモッツァレラやクリームチーズ、マスカルポーネその他など種類は豊富でどのチーズにも水分が多いので新鮮なうちに食べきるようにしましょう。
このようにチーズには、2つのタイプが存在していてどちらも同じように美味しいので、それぞれの特徴を知って美味しく楽しむようにしましょう。

このページの先頭へ