お菓子作り

チーズが持っている栄養素

チーズを60グラム作るには牛乳は約600グラムの牛乳が必要になります。
大体使った牛乳の量に比べて、10%がチーズになるというイメージで考えてもらえると分かりやすいですね。
生成している時に、固形チーズができるのですが牛乳のような乳糖はほぼ無くなってる状態ですから、食べてもお腹がゴロゴロとなりません。

例えばスーパーなどに売っている有名メーカー6ピースタイプなどは表示を見れば分かりますが、栄養成分がバランスよく含まれていますね。
ですから2、3個食べれば十分なカロリーと身体に必要な栄養素を摂ることが可能になるのです。
チーズを食べると何が取れるかというとカルシウムを筆頭にしてカロリーたんぱく質、脂質、炭水化物が摂れます。

そしてプロセスチーズはナトリウム、リン、鉄分、そして水分とビタミン類がバランスよく摂れるのです。
こんなにたくさんの栄養素がチーズで摂れてしまうので健康食品としても人気なのにはうなずけますね。
そしてこれは牛乳から作られてるもので、カルシウムが主でありこのカルシウム含有量はとても豊富です。

ですからカルシウムが足りないと感じた時はチーズを食べるようにすると必要なカルシウムを取ることができます。
このように1個か2個ですべての必要な栄養素がほとんど取れてしまいますので食べ過ぎには注意しましょう。

このページの先頭へ